その他の事業の要件

NPO法人は法に定められた特定非営利活動以外の活動も行うことができます。特定非営利活動以外の活動(事業)は「その他の事業」と呼ばれています。 収益事業=その他の事業ではない 特定非営利活動において収益を得てはいけないわけ…

続きを読む

NPO法人における社員とは?

NPO法人設立にあたっては、社員が10名以上必要です。 社員とは? 社員とは、法人の目的や趣旨に賛同した人のうち、総会で議決権を有する正会員などのことです。 いわゆる従業員や職員のことではありません。 株式会社でいう株主…

続きを読む

役員(理事・監事)の要件

NPO法人設立には、役員に関する要件があります。役員とは理事や監事のことです。 理事を3人以上、監事を1人以上置くこと。 NPO法人を設立するには、理事を3人以上、監事を1人以上置く必要があります。 理事とは? 理事とは…

続きを読む

会計の要件

NPO法人は、特定非営利活動促進法に定める会計の原則に従って、会計を行わなければなりません。特定非営利活動促進法に定める会計の原則とは、次の通りです。 正規の簿記の原則に従って正しく記帳 真実性・明瞭性の原則 継続性の原…

続きを読む

営利を目的としないこと(=非営利)とは?

まず「営利を目的としない」と非営利と言い換えることができます。次に、非営利とは、役員や会員などの構成員に利益を分配しないということです。株式会社等の営利法人は、得た利益を出資者に分配することを目的とする法人ですが、NPO…

続きを読む

その他の事業とは?

NPO法人が行う主な活動は法に定められた特定非営利活動に該当するものでなければなりません。しかし、それ以外の活動を行うこともできます。特定非営利活動以外の活動のことは「その他の事業」と呼ばれています。その他の事業を行う場…

続きを読む

報酬とは?

NPO法人格の取得には「報酬を受ける役員数が、役員総数の1/3以下であること」という要件があります。ここでいう「報酬」とはどのようなものでしょうか? 役員としての報酬 ここでいう「報酬」とは、役員としての報酬です。役員が…

続きを読む

NPO法人の会計の原則とは?

NPO法人の会計は、次に掲げる会計の原則に従って行うこととされています。 正規の簿記の原則に従って正しく記帳 真実性・明瞭性の原則 継続性の原則 正規の簿記の原則とは? 下記の要件を満たすことが必要とされています。 取引…

続きを読む

税法上の34種類の収益事業とは?

NPO法人を設立するメリットのひとつに、税金面での優遇があります。 税法で定められている34種類の収益事業以外は非課税になるという優遇です。 34種類の税法上の収益事業 税法で定められている34種類の収益事業とは次のとお…

続きを読む

NPO法人の社員や理事は未成年でもいいの?

未成年の社員・理事 法律上、未成年がNPO法人の社員や理事になることを禁止する文言はありません。ですので、未成年者であっても社員や役員になることはできます。ただし、未成年が社員や理事になる場合には、法定代理人(親権者等)…

続きを読む

設立相談のご予約は、お電話にて承っております。ご来所相談と出張相談、ご希望の相談方法をお伝えの上、ご予約ください。

お電話でのご相談予約
メールでのご相談予約やご質問

下のメールフォームからのお問い合せは24時間受け付けております。
48時間以内に、担当行政書士からご回答いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号


※メール不達の際にお電話いたします。できるだけご入力ください。

お問い合わせの概要

※複数回答可
出張相談希望来所相談希望(銀座本店)サポートの料金について設立の流れについて設立までの期間について設立後の運営について認定NPO法人について

上記に当てはまらないお問い合わせは下記にご記入下さい。

お問い合わせの具体的内容 (必須)

ページトップへ戻る