社会起業とNPO法人

弊所ではNPO設立のご相談を多く頂いております。
内閣府の発表によれば、平成10年のNPO法発足時点では2ケタだったNPO法人も、平成26年2月時点で約50,000法人が設立されています。

このようなNPO法人が増えてきた理由の1つに、多様化する社会問題に対し、行政ないし民間企業が対応しきれていないという現実があります。

社会起業とは?

このような背景を受けて、近年注目されているのがNPO法人に見られるような「社会起業」という事業モデルです。
社会起業とは、事業の成功により社会貢献を目指す起業のことです。
社会に貢献するという意味では、営利目的の企業でも貢献していると言えますが、ビジネスの手法で事業性を確保し、かつ、社会的課題を解決するという、志と事業の両立を実現できるモデルとして社会起業という言葉が広まっています。

社会起業=NPO法人ではない

社会起業とは、あくまでも事業を成功させることによる社会貢献をすることを目的としているので、法人形態はNPO法人に限定してはいません。一般社団法人の場合もあれば、株式会社、個人事業主や任意団体の場合もあり得ます。

社会起業のサポート

弊所はNPO法人や一般社団法人の設立手続きをきっかけとして、社会起業のサポートをさせて頂いています。

  • 「社会起業を考えているが、どのような事業形態が合っているのか分からない」
  • 「NPO法人の設立を考えているが、何から手を付けて良いのか分からない」

どのようなことでもどうぞお気軽にご相談ください。

設立相談のご予約は、お電話にて承っております。ご来所相談と出張相談、ご希望の相談方法をお伝えの上、ご予約ください。

お電話でのご相談予約
メールでのご相談予約やご質問

下のメールフォームからのお問い合せは24時間受け付けております。
48時間以内に、担当行政書士からご回答いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号


※メール不達の際にお電話いたします。できるだけご入力ください。

お問い合わせの概要

※複数回答可
出張相談希望来所相談希望(銀座本店)来所相談希望(立川支店)サポートの料金について設立の流れについて設立までの期間について設立後の運営について認定NPO法人について上記に当てはまらないお問い合わせは下記にご記入下さい。

お問い合わせの具体的内容 (必須)

ページトップへ戻る