NPO法人の定款とは?

定款とは、NPO法人の目的、組織、業務執行などについて、基本的な規則を記した書面です。 NPO法人の設立にあたって、設立者は法律で定められた事項を記載した定款の案を作成し、設立総会において、承認を得ることが必要となります。

  • そのNPO法人にとっては憲法のようなもので、NPO法人の運営は定款にのっとって行われなければなりません。
  • 定款は社員や理事、監事を拘束します。
  • 定款の記載事項は社員に対して明確なものでなければなりません。

設立認証申請にあたっては、所轄庁から厳しいチェックが入ります。
定款の作成がNPO法人設立において、最大の山場と言えます。

定款の記載事項

定款には、大きく分けて次の3つの記載事項があります。

  1. 必要的記載事項(絶対的記載事項)
  2. 相対的記載事項
  3. 任意的記載事項

絶対的記載事項

必ず定款に記載しなければならない事項です。
詳しくは「定款の必要的記載事項(絶対的記載事項)」をご参照ください。

相対的記載事項

記載がなくても定款の効力には関係がありませんが、記載がなければその事項の効力は生じません。
詳しくは「定款の相対的記載事項」をご参照ください。

任意的記載事項

記載がなくても定款の効力には関係がなく、任意に記載できる事項です。
詳しくは「定款の任意的記載事項」をご参照ください。

設立相談のご予約は、お電話にて承っております。ご来所相談と出張相談、ご希望の相談方法をお伝えの上、ご予約ください。

お電話でのご相談予約
メールでのご相談予約やご質問

下のメールフォームからのお問い合せは24時間受け付けております。
48時間以内に、担当行政書士からご回答いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号


※メール不達の際にお電話いたします。できるだけご入力ください。

お問い合わせの概要

※複数回答可
出張相談希望来所相談希望(銀座本店)サポートの料金について設立の流れについて設立までの期間について設立後の運営について認定NPO法人について

上記に当てはまらないお問い合わせは下記にご記入下さい。

お問い合わせの具体的内容 (必須)

ページトップへ戻る