NPO法人の設立登記申請に必要な書類とは?

法務局での登記申請

NPO法人の設立について所轄庁から認証されると、それから2週間以内に、事務所の所在地を管轄する法務局で登記を行う必要があります。
NPO法人は登記して初めて「法人」として成立し、法人設立日は管轄の法務局に設立登記申請をした日となります。
(郵送の場合、到着日)

設立登記申請に必要書類な書類とは?

法務局への設立登記申請に必要な書類は次の通りです。

  • 設立登記申請書
  • OCR用紙(または登記すべき事項を保存したCD-RかFD)
  • 印鑑届書    1部
  • 認証書の写し  1部
  • 定款の写し 1部
  • 役員の就任承諾書及び宣誓書の写し 1部
  • 設立当初の財産目録の写し 1部
  • 代表者の印鑑証明書 1部
  • 委任状(必要に応じて)
  • 法人印

設立登記申請書の記載事項

登記申請書には次の事項を記載します。

  • 名称
  • 主たる事務所
  • 登記の事由(設立登記が終了した年月日)
  • 登記すべき事項
  • 認証書の到達日
  • 添付書類(通数もあわせて記載)
  • 申請日および申請人
  • 提出先の法務局(出張所等についても記載)

原本証明

法務局に提出した書類は戻ってこないので、認証書などはコピーを提出するのですが、その書類が原本と同じ内容ということを証明する必要があります。
それを「原本証明」と言います。
原本証明は、書類のコピーの空欄部分に下記のように記載します。

この写しは原本と相違ありません。
   平成◯◯年◯月◯日
   特定非営利活動法人◯の会
   理事 非営利太郎 代表印

なお、登記申請の際には、原本をあわせて持参し、内容を確認してもらいます。
その場で確認して返却してもらいますが、法務局が預かる場合もあるようです。

設立相談のご予約は、お電話にて承っております。ご来所相談と出張相談、ご希望の相談方法をお伝えの上、ご予約ください。

お電話でのご相談予約
メールでのご相談予約やご質問

下のメールフォームからのお問い合せは24時間受け付けております。
48時間以内に、担当行政書士からご回答いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号


※メール不達の際にお電話いたします。できるだけご入力ください。

お問い合わせの概要

※複数回答可
出張相談希望来所相談希望(銀座本店)サポートの料金について設立の流れについて設立までの期間について設立後の運営について認定NPO法人について

上記に当てはまらないお問い合わせは下記にご記入下さい。

お問い合わせの具体的内容 (必須)

ページトップへ戻る