NPO法人における社員とは?

NPO法人設立にあたっては、社員が10名以上必要です。

社員とは?

社員とは、法人の目的や趣旨に賛同した人のうち、総会で議決権を有する正会員などのことです。
いわゆる従業員や職員のことではありません。
株式会社でいう株主のような存在、と考えるとわかりやすいかと思います。

  • 法人でも社員になることができます。
  • 外国人でも社員になることができます。
    国籍・住所地等による制限はありません。
  • 未成年も社員になることができます。
  • 社員には、役員(理事・監事)のような親族規定はありません。
  • 総会で議決権を持たない賛助会員などは社員には当たりません。

社員の資格の得喪について

NPO法人は社員の資格の得喪(取得・喪失)について、不当な条件をつけてはいけません。

不当な条件とは?

社員の資格の取得・喪失について、条件をつけること自体はできないわけではありません。
しかし、以下の条件があります。

  • 必ず定款に明示する必要があります。
  • 目的に照らして合理的かつ客観的なものでなければなりません。
  • 公序良俗に反してはいけません。
  • 不当なものであってはなりません。
  • 社員の退会は自由でなければなりません。

社員の人数について

NPO法人の設立にあたっては、社員が10人以上必要です。
NPO法人設立の申請にあたっては、社員が10人以上いることを示す名簿を作成して提出します。

設立相談のご予約は、お電話にて承っております。ご来所相談と出張相談、ご希望の相談方法をお伝えの上、ご予約ください。

お電話でのご相談予約
メールでのご相談予約やご質問

下のメールフォームからのお問い合せは24時間受け付けております。
48時間以内に、担当行政書士からご回答いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号


※メール不達の際にお電話いたします。できるだけご入力ください。

お問い合わせの概要

※複数回答可
出張相談希望来所相談希望(銀座本店)サポートの料金について設立の流れについて設立までの期間について設立後の運営について認定NPO法人について

上記に当てはまらないお問い合わせは下記にご記入下さい。

お問い合わせの具体的内容 (必須)

ページトップへ戻る