役員(理事・監事)の親族規定

NPO法人の理事・監事は、公益性を確保するために、役員の中に自分の配偶者と3親等以内の親族が一定の割合以上含まれることを禁止しています。

  • 各役員について、下記の範囲の親族等が2人以上含まれてはなりません。
  • 下記の範囲の親族等が役員総数の1/3以上含まれてはなりません。
  • 役員総数が5名以下の場合、親族等は1名も含むことはできません。
    ですので、最低限の理事3名、監事1名の場合には親族等は含むことができません。
  • 役員総数が6名以上の場合は、理事・監事についてそれぞれ1名のみ、親族等を含むことができす。
  • もし、夫婦や親族で理事になる場合には、役員総数は6名以上いなくてはなりません。

社員には親族規定はあるの?

10名以上必要な社員については、親族規定はありません。
10名以上のうち、役員以外の社員については、3親等以内の親族が何人いても設立認証上は問題ありません。

親族等の範囲

自分から見て、次の方は上記の「親族等」にあたります。

  1. 配偶者
  2. 父母
  3. 祖父母
  4. 曽祖父母
  5. 上記2〜3それらの配偶者
  6. おじおばとその配偶者
  7. 兄弟姉妹とその配偶者
  8. 甥姪とその配偶者
  9. 子とその配偶者
  10. 孫とその配偶者
  11. 曾孫とその配偶者
  12. 配偶者の2〜11に当たる人

設立相談のご予約は、お電話にて承っております。ご来所相談と出張相談、ご希望の相談方法をお伝えの上、ご予約ください。

お電話でのご相談予約
メールでのご相談予約やご質問

下のメールフォームからのお問い合せは24時間受け付けております。
48時間以内に、担当行政書士からご回答いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号


※メール不達の際にお電話いたします。できるだけご入力ください。

お問い合わせの概要

※複数回答可
出張相談希望来所相談希望(銀座本店)サポートの料金について設立の流れについて設立までの期間について設立後の運営について認定NPO法人について

上記に当てはまらないお問い合わせは下記にご記入下さい。

お問い合わせの具体的内容 (必須)

ページトップへ戻る